kaoriya diary

『暮らしの中に香りを…』日々アロマな生活をする花織り屋(kaoriya)セラピストブログです。

セントジョンズワートの浸出油

先月、南フランスでセントジョンズワートを摘んで浸出油を作りました。
ガラス瓶に摘んだセントジョンズワートを入れて、オイルを注いで2週間抽出します。

浸出油の作成ですが、JAMHAでは抽出場所は、『暖かい場所』となっています。
フランスでは、太陽の下(野外)で抽出します。
昼間に何度かオイルの様子を見に行ったのですが・・・熱かったです!!
ガラス瓶の温度はかなり上がっていて、持つと熱くてびっくりしました。

帰国の時、大事に持って帰ってきました!

20130703_074359.jpg
201372.jpg


ハーブを摘んだところ。

201371.jpg

オイルを注いで今から抽出します!

201373.jpg

ハーブを漉したところ。
ローズはほとんど色素は抽出されていません。
ほのかな甘いローズの香りがしています。
セントジョーンズワートは、透明でなく・・・トマトジュース?のようになっています。

先日この写真をFBにアップしたところ、リエコ先生から「濁っているのは、水分が混ざってるかも」とメッセージを頂きました。

確かに透明感はありません。
水分が混ざっていると保存期間も短いとのこと。
早速水分を飛ばしてみたところ・・・

201374.jpg

透明感のある鮮やかなオイルになりました(^^)v


日本でハーブと言えばドライが主流です。 浸出油をフレッシュハーブで浸けたのは初めて?かもしれません。
水分が混ざると濁るのね~(*_*)
まだまだ発見があります!

鮮やかなセントジョンズワートオイル、もったいなくて、使えないかも(^_^;)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kaoriya2008.blog120.fc2.com/tb.php/715-25599137

Menu

プロフィール

うさぎや しょこら

Author:うさぎや しょこら
『暮らしの中に香りを・・・』をテーマに。日々アロマとハーブに囲まれた生活をしております。

関西を中心にアロマ・ハーブ関連の仕事をしております。
セラピスト、インストラクター、アロマ・ハーブのイベント企画などなど・・・

どうぞお付き合い下さいませ。

HPは・・・
http://www.occn.zaq.ne.jp/cugud304/

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム